SSブログ

重ねアイスクリームゲーム(ワーキングメモリをトレーニング) データをプレゼント [認知能力トレーニング]

重ねアイス.png

 

いつも、ブログをお読み頂き、ありがとうございます!


サーティワンというアイスクリーム屋でアイスを注文したときに


「これは、もしかして記憶力のトレーニングに使えるかも」


とひらめきました。


 そして開発したのが、重ねアイスクリームという記憶ゲームです。


記事を読んで、興味を持たれた方には、重ねアイスのデータを差し上げます。



 申し込みは下記公式ラインから

 友だち追加
 お申し込み後、チャットで「重ねアイス希望」とご入力いただき、ご送信いただけば、手続き完了です。
 

<重ねアイスクリームゲーム>


これは、記憶力(厳密には言語性ワーキングメモリ)と、関係性を理解し、情報を関連付ける認知能力トレーニングとして作成したGIFTオリジナルの教育ゲームです。


 イメージはサーティワンのアイスクリームのイメージです。


 例えば、出題者は「いちごアイスの上にぶどうアイス、チョコアイスの上にまっちゃアイスがのっています。


チョコアイスより、いちごアイスは上にあります」のような感じに出題します。


※色だけ伝えた方が難易度が低いです。最初はこの方法で。


子どもは、それを聞いて、条件に合うようにボードの上に置いていきます。


 さて、この課題を解くにはまず、作業に必要な情報を必要な間だけ、記憶しておかなければなりません。


 そして、情報を記憶にとどめたまま、情報の関係性(どのアイスの上にどのアイス)を理解し、自分の頭の中で構成し直す必要があります。


<例題> チョコの上にバニラがあります。イチゴの下にはバニラがあります。


①まずチョコの上にバニラがある。この情報を記憶。


②次に、①を覚えたままで、イチゴの下にはバニラがある、を記憶。


③次に①,②の情報を覚えたままで、バニラを中心に、チョコとイチゴの順を関連付ける。


④①~③をもとに構成しなおすと、上から、イチゴ、バニラ、チョコと分かる。


  このように記憶した情報を活用できる状態で保持しておき、更に作業によって生じた途中経過の情報も記憶したり、更新したりできるのも、ワーキングメモリの力です。


 そこが、単なる短期記憶と違うところです。


 また聞いた情報を覚えるのは言語性ワーキングメモリですが、それを聞いて頭の中で絵的にイメージできる子は、視覚性ワーキングメモリも使っています。


 この課題は言語性、視覚性ワーキングメモリの両方を使える子は、ものすごく得意なことも分かっています。


   また、これらの力は、学習面全般に深く関わるのはもちろんですが、社会性にも少なからず影響があります。


 そのため、上郷個別教室GIFTでは、様々な方法で、ワーキングメモリを高めるトレーニングをしています。


 また、最後まで集中して聞くという、注意・集中の持続と、聞く構えを向上させることができます。



<ご相談・お問い合わせ> 

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加

 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 2

バツイチ45

初コメント失礼します!
いつもブログを拝見させていただいてます。
ブログ初心者ですがよろしくお願いします
by バツイチ45 (2022-10-04 10:31) 

内田雄二

いつもご覧頂き、ありがとうございます。何かのお役に立てば、うれしいです。
by 内田雄二 (2022-10-04 21:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント