SSブログ
国語の学習支援 ブログトップ
前の3件 | -

まぎらわしいカタカナ(国語)の覚え方 [国語の学習支援]

<指導前>

 シツの支援教材④.JPG

 


発達障がいの子達の天才性を輝かせる認知能力トレーナー、内田雄二です。
  

 今回は写真(指導前)のように、「シ」と「ツ」の読み分け、書き分けが難しい子のための支援教材を作成し、使ってみました。


コンセプトはピンポイントで、違いに注目し、スモールステップでマスターするです。


 ①本物はどれだ!ゲーム 

 シツの支援教材①.JPG

  シとツを正しい使い方と間違った使い方をしたカードを用意し、本物を選び出してもらいます。


この作業で、シとツが違うことに意識を向けていきます。


 ②ポイントをクローズアップしたステップアップの書き分け練習

  シツの支援教材②.JPG


  次に、赤で囲まれた部分に注目させながら、シとツを交互に書かせていきます。


だんだん自分で書く部分が増えるようスモールステップにしています。

 

③指導後

  シツの支援教材③.JPG

  何とか、だいぶ書き分けができるようになりました。


しかし、本当に定着させるためには、今後も②のシートを使った復習と、濁点や、小さなッなどバリエーションを増やした練習が必要と感じています。 


<追記>

 LD傾向のあるお子さんは「ヤ」「カ」なども見分けたり、書き分けたりするのが難しいようですね。

 


 公式ラインで無料のメルマガを発信中!

ブログでは紹介していない内容・お話も多数紹介してまいります!

惹かれる方はご登録くださいね。

  申し込みは下記から

 友だち追加

お申し込み後、チャットで、「メルマガ希望」とご送信いただけば、手続き完了です。
<例> メルマガ希望

<ご相談・お問い合わせ>  

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

市販教材を一工夫で支援教材に「漢字の読み短冊」 [国語の学習支援]


 漢字短冊.JPG

 

  漢字の読みの練習用に、陰山ドリルの例文を、表に( )抜き、裏に解答の入った同じ例文を短冊状に張り付けたものを作成しました。


 

まず、読み方を書いたものを音読してもらい、次に( )抜きの例文を読んでもらいます。


読み方が分からなくなったら、ひっくり返して答えを確認します。

  

さて、これが何の支援になるのと思われるかも知れませんが、次の使い勝手の良さがあります。

  

①ひっくり返すと同じ目線に答えが出る。またひっくり返すと問題になる。

この問題、解答の往復に3秒もかからず、子ども自身のリズム(これが重要)でストレスなしで、操作できる。

  

②その子の不安なところだけ、確認したいときに、確認できるのでムダがない。

    

反復練習になかなか優れています。地味ですが、超実用的です。 

  

このように市販教材を一工夫すると、支援教材になります。

  

 公式ラインで、無料のメルマガを配信しています。

惹かれる方は、ご登録くださいね。

  申し込みは下記から

友だち追加
 お申し込み後、チャットで「メルマガ希望」とご入力いただき、ご送信いただけば、手続き完了です。

 

<ご相談・お問い合わせ>

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

漢字を語呂合わせで覚える [国語の学習支援]

漢字連想暗記カード.JPG

 



漢字の覚え方も、その子によって向き不向きがあります。


特に発達障害の傾向がある子は、その子の強い能力を活かすのが肝要です。


今回紹介する、語呂合わせは、耳(言語)の理解力が強く、目(視覚)からの理解や記憶が弱い子に向く学習方法です。

 

昔、お母さんも年号を語呂合わせで覚えませんでしたか。

「いいくに(1192)作ろう鎌倉幕府」みたいに(笑)。


そこで、漢字を、語呂合わせのように覚えるカードを作りました。


正直、語呂合わせのセンスはイマイチのものもあるのですが(笑)。

 

ねらいは、裏表のカードにすることにより、語呂合わせをヒントに、次のステップが踏めることです。

 

ステップ1 語呂合わせの文を見ながら、漢字を連想し、書いてみる。

 

ステップ2 語呂合わせを、支援者が読み上げ、それを聞きながら書く。

           ※カルタのように使ってもOK 

ステップ3 語呂合わせを覚えて、漢字を書く。

 

※この過程で、語呂合わせを覚えなくても漢字を覚えた子には、無理に覚えさせる必要はありません。 

 

また、全部、この方法を用意するのは難しいので、基本は、覚えられない漢字の時に語呂合わせを考えるようにしています。

 

さて、冒頭でもお伝えしましたが、お子様によって学習方法の向き不向きは違います。
無料相談で、お子様に向く学習方法を考えてみませんか。
下記、公式サイトよりお申し込みできます。
公式ラインで、無料のメルマガを配信しています。

惹かれる方は、ご登録くださいね。


  申し込みは下記から


友だち追加
お申し込み後、チャットで、「メルマガ希望」とご入力いただき、ご送信いただけば、手続き完了です。
<例> メルマガ希望
 <ご相談・お問い合わせ>

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加
 



認知能力トレーニング・学習支援・ビジョントレーニングに関心のある方はこちら
 ↓ 
 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の3件 | - 国語の学習支援 ブログトップ