SSブログ
教育の小ネタ ブログトップ
前の3件 | -

横浜市高等特別支援学校受験コースを4月より開講 [教育の小ネタ]

二つ橋合格.png


<合格したA君の感想>
横浜市の高等特別支援学校に合格できてうれしいです!
受験対策では、正直、面接練習がとても大変でした。
でも、おかげで本番でスラスラ答えられたので練習しておいて本当に良かったです。
入学したら企業就労できるように頑張りたいと思います。


おめでとう! 今年も上郷個別教室GIFTの生徒が合格しました!

  

お子さんもお母さんも、今まで一緒に、学科対策、面接対策と頑張ってきた成果です。


入学後も、安心して学校生活を送れるよう、フォローしていきたいです。

  

また、以前、別の横浜市の高等特別支援学校に合格した生徒も就職活動を頑張っています

  

気づけば、本当にお陰様で、受験予備校でもないGIFTですが、今のところ希望した生徒は全員合格してくれています。



本当に有り難いです。  

さて、横浜市の高等特別支援学校は大人気で倍率も高く、受験される方も不安ですよね。


  
そこで、今年は4月より「横浜市高等特別支援学校受験コース」を開講いたします。

<日野中央高等特別支援学校・二つ橋高等特別支援学校 受験希望の方 対象>


今までは、GIFTの生徒達が高等特別支援学校受験を希望してきたために、一緒に受験対策をして応援してきました。


今回はその経験をもとに、初の期間限定で、受験対策希望の方を募集します。

 

小さな教室ですので、募集は4名まで限定、4月から中3になる子が対象です。


定員が埋まり次第締め切らせて頂きます。


このコースについてのご相談は、2月1日からの受付とさせて頂きます。

ご相談の面談(ご来室、または、オンライン)後、別日程で体験授業を行います。
その後、正式のお申し込みとなります。



  ご相談の申し込みは下記から(2/1になる午前0時より受け付け)

 友だち追加

お申し込み後、チャットで、「横浜市高等特別支援学校希望 お名前」をご送信いただけば、手続き完了です。その後内田からご返信します。
<例> 横浜市高等特別支援学校希望 〇〇太郎
また、2月18日に下記のイベントを開催します。
横浜市の高等特別支援学校について興味がある方
        ↓
 
ご関心のある方は、定期的にこのブログ記事をご覧頂ければと思います。

<ご相談・お問い合わせ>
  

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 
 友だち追加
トレーニング・学習支援の動画
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

子どもの才能の見つける2つの方法 [教育の小ネタ]

得意と苦手.png
発達障害の子達の天才性を輝かせる仕事をしています!
認知能力トレーナーの内田雄二です

 お子さんの苦手さは非常に目につくけれど、得意がなかなか見つけられないというお母様、おられませんか。
 ついつい叱ったり、手伝ったりで、お母さんもお子さんもヘトヘト。
でも、そんなお子さんほど、才能の種が隠されているのです。
   
子どもの得意を見つける2つの方法があります。
   
1つ目> お子さんの苦手さの逆を見る方法
  
例えば、人に話したり、自己表現をするのが苦手と言うお子さんは、その反対の能力、たとえば、話を聞いて、それを記憶しておく力が得意だったりすることがあります。
      
 つまり、自分の苦手さを補うために、違う能力で自分をフォローしようとするため、その能力を伸ばしていたりするのです。
 
 聞いて覚えるのが苦手なお子さんは、見て考える力や、人に助けを求める力を伸ばしているかも知れません。
   
お子さんの苦手さを、お子さんがどのように補おうとしているか個人差がありますので、観察してみてくださいね。
     
きっとお子さんの得意のヒントが見つかります。
   
<2つ目> 今、当たり前にできていることが得意で、その子の強み!
   
 えっと思われるかも知れません。
   
しかし、教員をしていていろんなお子さんを見ていると、その子が普通にやっていることが、実は他のお子さん達ができるとは限らないことが、たくさんあるのです。
   
 しかも、本人にとっても、ご家族にとっても当たり前なので、気付かれないことが多いのです。
   
 以前、積木の課題で、図を見せて、積木を積むように伝えました。すると、結構複雑な形なのに、その子は何と、向かい合わせの私の方に向けて(180°反転させて)、その形を作ったのです!
   
しかし、本人にとっては当たり前のことでしたし、保護者の方も、他の子も普通にそれができると思われていたようです。
   
 こういう事例でなくても、問題なくできていることは、その子の強い能力が使えているからなのです。
   
 しかし、当たり前にできることは、本人も、ご家族も困らないことなので、スルーされがちです。
  
「これやって、・・・正解、じゃあ、次」みたいに(笑)。
     
 ぜひ、本人にとって、それが得意なことであると自覚できるように、当たり前に出来た時に「当たり前にできるの、すごいね」とほめてあげてください。
   
その能力はぐんぐん伸びていきますよ!
   
<ご相談・お問い合わせ>
  

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加
 

横浜市の高等特別支援学校について興味がある
        ↓

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

自己肯定感を高める声かけ [教育の小ネタ]

自己肯定感.png
※クリスマスの時期に書いたメルマガの記事です
    
みなさんはお子さんに、どんなクリスマスプレゼントをしましたか?
  
私が子どもにあげたいプレゼントがあります。
  
それは自己肯定感。
  
これは、ほめることで確かに上がります。
  
しかし、実はこれだけ多用してしまうのはダメなのです。
  
なぜかというと、「何かが出来るから君に価値がある」。
  
「何かができない君には価値がない」に陥ってしまう危険があるからです。
  
すると常に、自分を他人と比較し、誰かの評価を求めて、過剰適応しようとします。
  
自分以外の誰かになろうとしてしまいます。
(いつも頑張っていなくては不安だったら、あなたもそうかも・・・)
   
そして、いつか破綻します。
  
そこで、「ほめる」と並行して、2つの声かけをオススメします。
  
1つは、宇宙最強の言葉「ありがとう」です。
  
これは他人との比較を伴わず、その子が自分の価値を感じられる言葉です。
  
ぜひ、お子さんに「ありがとう」と言える場面作りを、小さいことで良いので仕掛けて頂けたらと思います。
  
その子が出来る、小さなお願い事やお手伝いで良いと思います。
   
2つめは、その子が言ったこと、考えたことを、評価せずに認める、です。
   
具体的には「~ちゃんは、そう考えたんだね」とだけ伝えるものです。
   
これも、その子を、そのまま、まるっと認める声かけなんです。
   
自己肯定感とは、「今の自分で良い」と思えることです。
  
では、皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さいね。

公式ラインで無料のメルマガを発信中!

特別支援教育士の内田が、特別支援、認知能力、学習支援、時々、教材のプレゼントなど、ブログでは掲載していない内容・お話を多数紹介してまいります!

  申し込みは下記から

 友だち追加

 お申し込み後、チャットで「メルマガ希望」とご入力いただき、ご送信いただけば、手続き完了です。
<ご相談・お問い合わせ>
上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の3件 | - 教育の小ネタ ブログトップ