SSブログ
認知能力トレーニング ブログトップ
前の3件 | -

「ブロックストリング」両眼でしっかり見る力をつける [認知能力トレーニング]

 お子さんはちゃんと両目で見れていますか?


ブロックストリング.JPG


 片目を中心に見るクセがついていると、目が疲れやすいので、集中力が続かなかったり、読み間違えたり、姿勢が崩れる原因になります。


また、目も悪くなります。


 ブロックストリングは、両方の目を使って見る(両眼視)をトレーニングするものです。


また、両目で見れているかのチェックもできます。


ちなみに、スポーツでは距離感をつかむのがとても重要なのでよく使われます。


また、両目で見れていないと不器用さの原因になります。


百円ショップで集めた材料ですぐ作れますよ!


<両眼視ができているかチェック>


 まず、ひもの先端を目と目の間から、まっすぐ前に伸ばします(お母さんがひっぱってあげてください)。


次に、写真のものの例にするなら、真中のピンクのボンボンを見ます。


その時に左右均等なバッテン(Xのように)に1本のヒモが2本に見えるなら、両眼視ができています。


<トレーニング方法>


 目からまっすぐ前に伸ばし、カラーの指標(ボンボン)を順番に両目で見ていく(5秒ずつぐらい)だけです。


これで、片目で見るクセの矯正に役に立ちます。


 ただし、斜視の人や、眼球に特別な事情がある方は、必ず医師に相談の上、行ってください。


写真のものはかなり短く作っていますが、スポーツ選手などは5メートルぐらいのものを使って訓練するらしいです。


ただ指標どうしの距離は推奨があるようなので、専門家の本(それぞれ若干違う)で調べてみてください。


あと、お子さんが片目で見ている傾向がある場合は、お子さんの姿勢などもチェックしてくださいね。


公式ラインで無料のメルマガを発信しています。


特別支援教育士の内田が、特別支援、認知能力、学習支援、時々、教材のプレゼントなど、ブログでは掲載していない内容・お話を多数紹介してまいります! 惹かれる方はご登録くださいね。


 申し込みは下記から


友だち追加
 お申し込み後、チャットで「メルマガ希望」とご入力いただき、ご送信いただけば、手続き完了です。

 <ご相談・お問い合わせ>


上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

図と地の弁別が苦手だと漢字学習も苦手「トレーニング方法紹介」 [認知能力トレーニング]

形パズル1.png

  

<Q> この図形の中に四角形がいくつ隠れていますか。


※ヒント 四角形は正方形だけではないですよ!


   

発達障害にねむる天才性を目覚めさせるマイスター 内田雄二です。


これは注目したい図形と、背景を見分ける「図と地の弁別能力」をトレーニングするパズルです。


詳しくはこちらの動画で




実際には、こんなに四角形が隠れています。


形パズル2.png


図と地の弁別とは、視覚性の選択的注意・集中能力です。

  

選択的注意・集中能力は音が有名ですよね。

  

がやがやしているパーティ会場でも、相手と会話できるのは、いらない音をカットできるから。

  

しかし、視覚認知でも、同じような能力が使われているのは、あまり注目されていない気がします。

  

今回の例のように、必要な箇所だけ、視覚的に取り出す能力です。

  

しかし、図と地の弁別能力が苦手だと、画数の多い漢字の細部を覚えるのが難しくなります。

  

線と線が干渉してしまいますからね。

  

また、読み間違い、写し間違い、計算間違いの原因にもなります。

  

そういった子には、今回紹介したようなパズルでトレーニングする方法があります。

  

 公式ラインで無料のメルマガを発信中!

   

特別支援教育士の内田が、特別支援、認知能力、学習支援、時々、教材のプレゼントなど、ブログでは掲載していない内容・お話を多数紹介してまいります!

  申し込みは下記から

 友だち追加

 お申し込み後、チャットで「メルマガ希望」とご入力いただき、ご送信いただけば、手続き完了です。

 


<ご相談・お問い合わせ> 

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインまたは、公式サイトよりお問い合わせください。
 友だち追加

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

定規にシールをはるだけ簡単ビジョントレーニング「スケール法」 [認知能力トレーニング]


スケール法.png


発達障がいの子の天才性を輝かせる!
認知能力トレーナーの内田雄二です

     

〇文章を読むと読み飛ばしや、適当な文を作って読む

〇筆算のケアレスミスが多い

〇勉強すると、すぐ疲れて集中力がなくなる

  

もし、そんな傾向があるなら、お子さんの眼球運動に苦手さがあるかも知れません。

 

眼球運動のチェックとその他のトレーニング方法を動画で解説


 

 

 そこで、ものすごく簡単な、ビジョントレーニングをご紹介します。

 

 なんと、定規にシールを張るだけでできます! スケール法といいます。

  

 視線をある地点から、ある地点まで素早くジャンプさせる目の運動です。


 専門用語で、跳躍性眼球運動と言います。

  

 この機能が弱いと、文章を読んだり、黒板を写す作業が苦手になる原因となります。

  

  まず、30センチ定規の両端と真ん中にシールをはります。

  

 そして、対象者から40センチほどスケールを離し、真ん中のシールが両目の間に来るようにセットします。

  

 そしてメトロノームの音に合わせて(なければ支援者が声で合図する)、赤、青と左右のシールに視線を動かしていきます。

   

 速さは1秒に1回のリズムです。5往復したら15度ずらして、ななめでトレーニング。

  

 次はたて、と1回転するまで実施します。やってみると、結構ハードなトレーニングです。

  

360度の動きがトレーニングできるのがすばらしいですね。

  

公式ラインで無料のメルマガを始めました! 特別支援教育士の内田が、特別支援、認知能力、学習支援、など、ブログでは掲載していない内容・お話を多数紹介してまいります!
   
 申し込みは下記から
   
    
お申し込み後、チャットで、「メルマガ希望」とご送信いただけば、手続き完了です。
<例> メルマガ希望
   

<ご相談・お問い合わせ>

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加
   


認知能力トレーニング・学習支援・ビジョントレーニングに関心のある方はこちら
 ↓ 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の3件 | - 認知能力トレーニング ブログトップ