SSブログ

子どもの才能の見つける2つの方法 [教育の小ネタ]

得意と苦手.png
発達障害の子達の天才性を輝かせる仕事をしています!
認知能力トレーナーの内田雄二です

 お子さんの苦手さは非常に目につくけれど、得意がなかなか見つけられないというお母様、おられませんか。
 ついつい叱ったり、手伝ったりで、お母さんもお子さんもヘトヘト。
でも、そんなお子さんほど、才能の種が隠されているのです。
   
子どもの得意を見つける2つの方法があります。
   
1つ目> お子さんの苦手さの逆を見る方法
  
例えば、人に話したり、自己表現をするのが苦手と言うお子さんは、その反対の能力、たとえば、話を聞いて、それを記憶しておく力が得意だったりすることがあります。
      
 つまり、自分の苦手さを補うために、違う能力で自分をフォローしようとするため、その能力を伸ばしていたりするのです。
 
 聞いて覚えるのが苦手なお子さんは、見て考える力や、人に助けを求める力を伸ばしているかも知れません。
   
お子さんの苦手さを、お子さんがどのように補おうとしているか個人差がありますので、観察してみてくださいね。
     
きっとお子さんの得意のヒントが見つかります。
   
<2つ目> 今、当たり前にできていることが得意で、その子の強み!
   
 えっと思われるかも知れません。
   
しかし、教員をしていていろんなお子さんを見ていると、その子が普通にやっていることが、実は他のお子さん達ができるとは限らないことが、たくさんあるのです。
   
 しかも、本人にとっても、ご家族にとっても当たり前なので、気付かれないことが多いのです。
   
 以前、積木の課題で、図を見せて、積木を積むように伝えました。すると、結構複雑な形なのに、その子は何と、向かい合わせの私の方に向けて(180°反転させて)、その形を作ったのです!
   
しかし、本人にとっては当たり前のことでしたし、保護者の方も、他の子も普通にそれができると思われていたようです。
   
 こういう事例でなくても、問題なくできていることは、その子の強い能力が使えているからなのです。
   
 しかし、当たり前にできることは、本人も、ご家族も困らないことなので、スルーされがちです。
  
「これやって、・・・正解、じゃあ、次」みたいに(笑)。
     
 ぜひ、本人にとって、それが得意なことであると自覚できるように、当たり前に出来た時に「当たり前にできるの、すごいね」とほめてあげてください。
   
その能力はぐんぐん伸びていきますよ!
   
<ご相談・お問い合わせ>
  

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加
 

横浜市の高等特別支援学校について興味がある
        ↓

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント