SSブログ

処理速度がぐんぐんあがるトレーニングカード(成果の追記) [認知能力トレーニング]


処理速度正誤判定.png

 
発達障がいにねむる天才性を目覚めさせるマイスター
内田雄二です。

さて、お子さんは、何かを作業するときに時間がかかるタイプですか。

 

このタイプの子は、WISC検査の検査項目である、処理速度が低く出ます。


処理速度って、簡単に言えば、パソコンでいう、CPUの速さ。


しかし、発達が気になる子達は、手先が苦手な子が多いです。


そのため、筆記タイプで処理速度を測ろうとすると、不器用さに影響を受け、処理速度が低く出ます。

 

しかし、手先の不器用さから作業に時間がかかっても、頭の回転の速い子はいくらでもいると思います。


手先の不器用さでIQが過度に下がってしまうのって、どうなのかなと。


(※WISCVでは少し改善されているようです。また、子どもの困り感を発見する部分では役に立ちます)。


 そこで、今回、このようなカードを56枚作り、左右の模様がいっしょかどうかを判定して、同じなら右、違ったら左と仕分けるトレーニングを行いました。


これを高速正誤判定トレーニングと言います。


 サンプルはすべて左右が違うものです。この方法だと、鉛筆を使わないので、より純粋な処理速度に近づけると考えました(それでも多少は影響を受けます)。


 一方で、このトレーニングの技能が上がっただけでなく、処理速度の能力自体が汎化されているか確認するために、トレーニングを始める前に、1回だけ,次のような記号の課題をやります。

符号.jpg

 そして、こちらは、いっさい、トレーニングしません。


<トレーニングの結果>

 3ヶ月、週1回のトレーニングを実施しました。(途中、何回か抜けました)。

<6月初回>

  <高速正誤判定> 2分31秒 0ミス

  <記号> 34秒 0ミス

<9月>

  <高速正誤判定> 1分47秒 0ミス

  <記号> 24秒 0ミス


 高速正誤判定の処理速度が、初回の71%の処理時間に上がっていることに対し、まったくトレーニングしていない、記号の方も処理時間が、71%に上がっていました。


 参考までに、他の実施している子も、70%代でタイムが上がっていました。


 このことから、このトレーニングは処理速度を上げるのに効果があると評価できます。


<ご相談・お問い合わせ>

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
 
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
(神奈中バス停 八軒谷戸より徒歩1分)
<電話>  045-390-0880
<メール> yf388755@rc4.so-net.ne.jp

公式ラインで無料のメルマガを発信中!

ブログでは紹介していない内容・お話も多数紹介してまいります!

惹かれる方はご登録くださいね。

  申し込みは下記から

 友だち追加

お申し込み後、チャットで、「メルマガ希望」とご送信いただけば、手続き完了です。
<例> メルマガ希望
<ご相談・お問い合わせ>
上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加

 

タグ:処理速度 WiSC
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント