SSブログ

まぎらわしいカタカナ(国語)の覚え方 [国語の学習支援]

<指導前>

 シツの支援教材④.JPG

 


発達障がいの子達の天才性を輝かせる認知能力トレーナー、内田雄二です。
  

 今回は写真(指導前)のように、「シ」と「ツ」の読み分け、書き分けが難しい子のための支援教材を作成し、使ってみました。


コンセプトはピンポイントで、違いに注目し、スモールステップでマスターするです。


 ①本物はどれだ!ゲーム 

 シツの支援教材①.JPG

  シとツを正しい使い方と間違った使い方をしたカードを用意し、本物を選び出してもらいます。


この作業で、シとツが違うことに意識を向けていきます。


 ②ポイントをクローズアップしたステップアップの書き分け練習

  シツの支援教材②.JPG


  次に、赤で囲まれた部分に注目させながら、シとツを交互に書かせていきます。


だんだん自分で書く部分が増えるようスモールステップにしています。

 

③指導後

  シツの支援教材③.JPG

  何とか、だいぶ書き分けができるようになりました。


しかし、本当に定着させるためには、今後も②のシートを使った復習と、濁点や、小さなッなどバリエーションを増やした練習が必要と感じています。 


<追記>

 LD傾向のあるお子さんは「ヤ」「カ」なども見分けたり、書き分けたりするのが難しいようですね。

 


 公式ラインで無料のメルマガを発信中!

ブログでは紹介していない内容・お話も多数紹介してまいります!

惹かれる方はご登録くださいね。

  申し込みは下記から

 友だち追加

お申し込み後、チャットで、「メルマガ希望」とご送信いただけば、手続き完了です。
<例> メルマガ希望

<ご相談・お問い合わせ>  

上郷個別教室GIFTは、発達が気になる子専門の完全個別スタイルの教室です。

認知能力トレーニング、国語・算数の学習支援、SSTを行います。 

上郷個別教室GIFT 代表 内田雄二(特別支援教育士)
<所在地> 神奈川県横浜市栄区上郷町1367
<TEL>  045-390-0880
  
または下記の公式ラインよりお問い合わせください。
 友だち追加

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 1

ハマコウ

いつもメールマガジンをありがとうございます。
-「子どもに合っていないなら、宿題はやらなくていい」
その通りだと思います。
特別支援学級では一人ひとりにあうような宿題を出すのですが、
多人数の児童がいる通常学級では難しいことです。宿題は苦しい思いをしてやるものではなく、あくまで課外のものですから。
子どもが苦しんでいる、保護者が困っていることがあれば、それぞれで学習に取り組むことができればいいですよね。相談してくれれば、
「ちびむすドリル」「ぷりんときっず」などのサイトを紹介できたり、子どもへの理解を担任が深めることができたりすると思います。
by ハマコウ (2024-06-10 22:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0